山の自然学クラブ 事務局ブログ

事務局へ寄せられた、会の活動報告や、会員のみなさまのご活躍を発信します。絵日記担当:中村が更新しています。

2015年6月13〜14日 富士山南麓・低山帯の広葉樹林

2015年6月13〜14日 富士山南麓・低山帯の広葉樹林

山の自然学クラブでは、2003年から富士山の南麓で自然の森(天然林)を目指して森林復元活動を行っています。
目標となる植生をよく知るため、日頃から樹木や森の観察会などを実施していますが、今回はいままで歩いたことのないところに行ってみました。
f:id:shizengaku:20150620124302j:plain

本の森林の一部には、後世に残すべため保存するように指定された森があります。林業など生物資源を持続可能に利用することが主な目的ですが、必要以上には人手が入っていないので、自然の状態を観察するのに適しています。
今回歩いたのは、富士山南麓に設定されている低山帯広葉樹林の二カ所です。

東臼塚周辺の森には、ハイキングできるように散策路が整備されています。気持ちのよい森林浴コースです。

六番の森は、ブナやケヤキの大木が残る美しい森です。シカの影響が見られますが、被食を防止するためか、網で何カ所か囲ってありました。
f:id:shizengaku:20150620124414j:plain

これらの森にみられる植物の構成を目標に・参考にして、私たちの活動地にある植物を近づけていくようにします。

今回、私たちの協定林ではホオノキやヤマボウシなどいくつかの樹種が花をつけていました!木々も育ってきてくれているのだと実感。これからも目標になる森林を見ながら活動したいと思います!

山の自然学クラブ・富士山での森林復元活動・夏は8月22日~23日に行います。
富士山南山麓「森林復元活動」活動スケジュール
どなたでも、お気軽にご参加ください!