読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

山の自然学クラブ 事務局ブログ

事務局へ寄せられた、会の活動報告や、会員のみなさまのご活躍を発信します。絵日記担当:中村が更新しています。

富士山・夏の活動

2012年7月28日(土)〜29日(日)、富士山の森林復元活動・夏! 行って参りました。
夏の活動ではススキ、低木、ツタを中心に、高木よりも優占しているところを見つけて、場所によってそれぞれを刈り払いします。

ここ数年ツタ刈りをしてきた効果テキメン。木がものすごく大きくなりました!すごい成長です。

微地形で沢状になっている場所は全体に、木をツタが覆っていました。
そこで、2006年頃から夏の保育作業として、ススキ、ササに加えてツタ刈りを重点的に行うようにしました。
ツタがなくなると、樹高が一気に伸びるのがわかります。

一方、尾根にある木は、まだそれほど大きくなっていないようです。
小さい植林地でも、微地形や日当たりなどわずかな違いによって、生えてくる植物の種類も、樹高成長も、大きく違ってきます。
継続的に見ていると楽しいです。

今年から、大きくなった木の樹皮を鹿に食べられないように、このような対策を始めることにしました。

このまま無事大きくなってくれるでしょうか…