読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

山の自然学クラブ 事務局ブログ

事務局へ寄せられた、会の活動報告や、会員のみなさまのご活躍を発信します。絵日記担当:中村が更新しています。

富士山の森づくりと植林ボランティア

活動紹介と報告

2012年4月21日、22日は富士山で、植林ボランティア+自然観察会を、NTT労働組合のみなさんとご一緒しました。今年は75名の方にご参加頂きました。
今年も幹事役のボランティア推進委員のみなさんががっちりと予定を立てて下さっていましたので、スムーズに進行していきます。さすが! 私たちもみなさんに楽しんで頂きたいと、張り切ってご案内させて頂きました。

いつも多くのご家族連れで賑やかなこの行事ですが、実は昨年は震災後であったため中止になってしまったので、2年ぶりの実施でした。
富士山周辺でも多くの施設が被害を受けました。さらに2011年は大型の台風が上陸・通過しましたので、大雨により道路や歩道などにも大きな被害が見られます。2012年になった今年、4月にはいってからの台風並みの低気圧による大雨によっても、何箇所か被害があったようです。
日本にいればこのような自然災害とは隣り合わせではありますが、より豊かな森や自然を保つことによって、少しでも減災になればとの思いも新たにする、ここ数年です。
・・というようなこととは別に実際のところ、いつも利用している施設が未だ復旧していなかったりと、実は今年の実施には結構苦労が伴いました;

当日4月21日(土)はお天気もまあまあで、それ程寒くなかったので本当によかったです。

午前は目標となる、天然の森の中を歩きました。ブナやミズナラ、ヒメシャラなどの多い、富士山南麓の典型的な森ですが、火山である富士山らしく、溶岩流も見ることができます。

午後は植樹作業です。みなさん一生懸命植えて下さり、あっという間に苗木がなくなっていきます; 250本くらい用意したのですが。
もっと用意してもよかったかな...

おととし参加してくださった方がいらしていたので、みんなで見に行きました。みなさん、ご自分が植えた木を見つけられたようです。
こちらのお子さん、自分で植えた木が、もう身長を追い越してしまっていました!桜の木なので、成長が早かったようです。枝で指している木が、一昨年ご家族で植えてくださった木です。
すごい!すごい!

翌、22日の朝は富士山が山頂までよく見えました。山中ではまだ春浅く、芽吹き前ですが、富士の裾野、麓は桜の花盛り、春爛漫です。

NTTのみなさん、温泉と車窓からのお花見を楽しみながら帰ってくださいましたでしょうか...
もちろんみなさん、ビンゴはそろったことと思いますが!