読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

山の自然学クラブ 事務局ブログ

事務局へ寄せられた、会の活動報告や、会員のみなさまのご活躍を発信します。絵日記担当:中村が更新しています。

十三浜チャリティイベントの後、十三浜へ

2011年9月20日(火)は、晴海埠頭で、水守の郷・七ヶ宿さんが主催し、SEAVERSのみなさんが中心となって参加して行われた、チャリティトーク&ライブ「ありがとうを未来につなげたい」でした。 160名以上の方が参加して下さり、本当にいいイベントになりました…

地球の楽好さんとのミーティング

山の自然学クラブからも絵本を贈る活動をしていた、NPO法人地球の楽好さんとミーティングを持ちました。 地球の楽好さんホームページ 10月1日、2日にみちのく国営公園でイベントをされるそうで、その際にコラボレーションできることを検討する事になりました…

一関から気仙沼へ

今日はたくさんの出会いがありました。 みなさんの気持ちがつながり、いい形ができてきたらと思います。技師・宮沢賢治さんと工場主・鈴木東蔵さんゆかりの 「石と賢治のミュージアム〜太陽と風の家」では、化石の発掘体験ができるそうです!楽しそうです。 …

地球の楽好さん報告会

山の自然学クラブからも、絵本を贈る活動に協力した、 「地球の楽好」さんの報告会が飯田橋の東京ボランティア 市民活動センターで行われましたので、参加して参りました。理事長の千葉様、副理事長の小柳様、ご自身も大変な思いをしながら、それでも使命感…

震災対応の活動について

5月14日の理事会で、山の自然学クラブの基本方針を決めることができましたので、ご報告します。山の自然学クラブはもともと、「山から始まる自然保護」をモットーに、“自然に学び、自然を守る”活動をしてきました。「これまで行ってきた活動をきちんと責任を…

うち寄せられた流木などの処理・活用について

亘理では、海岸林のマツが海岸から内陸に流されてきて、その処理がひとつの問題になっています。 他の地域でも海岸林や塩をかぶったタケ、木材などがたくさんありますが、私たちの会でお手伝いすることによって、炭化(つまり炭焼き)できないか検討していま…

塩竃、松島の美しい初夏

2011年5月5日〜9日まで、仙台周辺を回って参りました。塩竃神社では、名物シオガマザクラが満開。 友引だった5月7日は結婚式や節句のお宮参りなどの方々がたくさんいらしていました。 ほほえましい光景に、喜びを共有させていただきました。 松島では新緑が…

宮城でのセッション

4月22日から24日まで、 企業の社会貢献などで活躍されている出版社「オルタナ」さんとご一緒して、宮城県内での復興支援を検討するセッションに参加して参りました。こちらは仙台市内の印刷会社で震災からこれまでの動きを伺っています。 南三陸町の志津川中…