読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

山の自然学クラブ 事務局ブログ

事務局へ寄せられた、会の活動報告や、会員のみなさまのご活躍を発信します。絵日記担当:中村が更新しています。

富士山・樹海の放送

会員より・関連情報

富士山・樹海の放送に千葉さんご出演!

NHKの人気番組の一つ、ブラタモリ
山の自然学講座の内容もそっくりな話題のことがありますが...

今年2016年の放送の中で、10月15日と10月22日の2回は富士山の樹海、10月29日は吉田口周辺と、富士山周辺で3回の放送がありました。
#50と#51は、富士の樹海 この放送回に、当会でもお世話になっているアジア航測の千葉先生がご出演! たいへん嬉しかったです!
いつかは出演されるかと思っていましたが、満を持して富士山の放送回にご出演されました。

山の自然学クラブでは、赤色立体地図を始めて作成した頃、山の自然学講座をお願いしたことがあります。
このころできただった立体地図を、新鮮な感激でみんなで眺めたこと、「内臓マップ」と呼んでいることを話して下さった千葉さんの笑顔が思い起こされます。

そしてみんなで地図に表された地形を確認しながら、富士山麓、樹海の中を歩きました。
千葉さんは、伊豆大島では噴火したときにいらっしゃったという経験をされ、その後に現地講座でその現地をご案内頂きました。

ご活躍、今年の嬉しい話題のひとつです。
NHKの放送回のホームページのスクリーンショットを掲載させて頂きます。

ブラタモリ 番組ページ から該当回のページを引用させて頂いております。
http://www.nhk.or.jp/buratamori/index.html

f:id:shizengaku:20161201150151j:plain

日本研究のふるさと・南三陸で、地質・地層・化石の探検!

三陸・北上地域の活動 活動紹介と報告

三陸現地講座/南三陸町・歌津の地質探検!

2016年11月12日~13日は、今年2回めの鎌田耕太郎先生による地質観察会を実施致しました。今回は気仙沼から少し出て、お隣の南三陸町、歌津地区を観察しました。
f:id:shizengaku:20161117123638j:plain
歌津では半島部(東側)から内陸側(西側)にむけて、約2億6千万年まえ(!)からの地層が順に観察できます。地質図で見ると、こんな感じに!すごいですね!


この地質図は鎌田先生が調査して作成されたものです。この地区の断面図もついていますので、この地区の構造がよくわかります。
(鎌田耕太郎,1993,5万分の1地質図幅「津谷」,地質調査所)
まん中あたりにある、段になって見えるところがPT境界です。館浜のところがたいへんわかりやすく観察できる絶好の場所だったのですが、なんと今回行ってみたら道に埋まってしまっていました。たいへん残念です。

地質図でもわかる一番ふるい、2億6千万前ころの地層(末の崎層)が半島の東側・石浜で観察できます。
鎌田先生、「海水面が下がると、その先の海の中にもっと古い層が見られるかもしれません」と参加者の想像をかきたてます。実際そのようなのですが。

細かい泥が積もってできている層で、この地層が堆積した場所は深い海の海底だったことがわかります。しかしよく見ると間に何回も砂の層が挟まっています。この理由について先生からは、深い海底にも大量に砂が流れ込む海底地すべりのような現象が起きたのだと考えられると説明がありました。そして中には泥に大小さまざまな石が、しかも丸い石だけが入っている層もあります。
f:id:shizengaku:20161117130155j:plain
こんなにたくさんの石が混じる現象とは、まったく想像がつきません。地球の歴史の中には、たくさんの出来事があったのでしょう。この地層を形成している海底は南半球にあった頃の話です。そこから大地は大いなる旅をしてきたことでしょう。

歌津と言えば、ギョリュウ(魚竜)も有名です。
ギョリュウはイルカによく似た姿の爬虫類で、恐竜と同じ時期にもいた海の生き物です。南三陸地域では化石がたくさん見つかっているそうです。ウタツギョリュウやクダノハマギョリュウなど、歌津の地名がついた種もあります。
現地保存されている化石産地では、ちょうど工事中だったようで、いつもかぶっているアクリル板が外されていました。直接観察でき、たいへんラッキーなタイミングで観察できました!!
f:id:shizengaku:20161117151321j:plain

今回の目玉は、ナウマン博士が発見した(論文で報告した、という意味です)、皿貝の二枚貝(モノティス)を見に行くことでした。三陸道の工事で現地までは入りやすくなっていますが、もともと砂地の地層なので、どうしても風化が激しいようです。貝の化石は今回はちょっとわかりにくくなってしまっていました。
f:id:shizengaku:20161117151808j:plain
ただ、この層がすべて同じ貝でできていることはわかります。これは変わった状態です。同じ種類の貝だけがこれだけ固まって見つかる理由はまだわからないのだそうです。たしかに、なかなか自然にそういう状態の場所はないかもしれません。

今回はこのあと、韮の浜、細浦とここの地名のついた地層を観察しながら堆積環境を説明して頂きました。そして、その時代に生きた生き物の化石をたくさん見つけることができました。かわいいアンモナイトも!
f:id:shizengaku:20161117152113j:plain
数日前までは冬の寒さだったのですが、この週末はぽかぽか陽気で、屋外での観察は少し汗ばむほどの陽気でした。ほんとうによい観察日和になって、ほっとしました!

山の自然学クラブでは継続的に、宮城県気仙沼市の「海べの森をつくろう会」と共催して気仙沼地域の自然、地質や地形、植物などを観察する自然観察会を実施しています。活動の内容やご案内はこちらをご覧下さい(ホームページの案内にリンクしています)。
NPO法人 山の自然学クラブ [三陸・北上地域の活動]

今回参加した当会の会員から、南三陸町の及川議員をご紹介頂きました。及川さんは今回の観察会に同行して下さいました。地域にすばらしい素材があることを実感して頂けたら嬉しいです。

今回も海べの森をつくろう会のみなさん、現地からご参加下さったみなさん、そして山の自然学クラブのスタッフのみなさんにたいへんお世話になり、有意義な企画になったと思います。みなさま、ありがとうございます。

2016年秋の富士山森林復元活動

活動紹介と報告

2016年秋の富士山森林復元活動

2016年秋期は、9月24日〜9月25日、10月15日〜16日の2回、富士山南麓の森林復元活動を行いました。f:id:shizengaku:20161114163244j:plain
f:id:shizengaku:20161114163645j:plain
秋は実りの季節です。毎年、この時期にはできるだけ多くの樹種から種子を採取します。今年は二回とも、東京農大の学生さんたちが参加してくれました。みなさん 張り切って作業して下さいました!種とりははじめての学生さんも。夜はその日に取った種子の整理と調整作業です。
f:id:shizengaku:20161114163409j:plain
f:id:shizengaku:20161114163525j:plain

今年は本当に天候が不順でしたので、木々はあまり実や種子をつけていません。さらに、9月に通過した台風の影響で、葉ごと落ちてしまっている個体や場所も多いようです。
あまり紅葉も色づいていない地域が多いと聞いています。このような年が続くと心配ですが、
長い歴史のなかではこのようなことはさほど珍しくないのかもしれません。木々の様子なども、来年以降もしっかり観察してみたいと思います。

山の自然学クラブでは、静岡森林管理署と協定を締結して、富士山国有林で森林復元活動(自然の森づくり/森林ボランティア/自然観察会・環境教育の活動)を行っています。
活動の内容について 詳しくはホームページ(富士山南山麓「森林復元活動」)をご覧下さい。
山の自然学クラブの活動には、いつでも、どなたでもご参加頂けます。
10月の活動には、ここ数年、社員のみなさんでボランティア活動にいらして下さっているセラニーズ・ジャパンのみなさんがいらして下さいました! 東京メンバーと名古屋メンバーが三島で合流していらして下さったようです。
ありがとうございました!

森のたんけん隊!in気仙沼・2016年8月

三陸・北上地域の活動 活動紹介と報告

森のたんけん隊!in気仙沼・2016年8月

山の自然学クラブでは継続的に、宮城県気仙沼市の「海べの森をつくろう会」と共催して気仙沼地域の自然、地質や地形、植物などを観察する自然観察会を実施しています。
昨年に引き続き、今年も2016年8月28日に植物観察のスペシャリスト、樹木医/森林インストラクターの石井誠治さんにご指導頂き、観察会を実施することができました。
2016年8月(27~)28日「気仙沼、森のたんけん~植物ってこんなにおもしろい!」実施案内はこちらをご覧下さい(ホームページの案内にリンクしています)。
森のたんけん隊!

今回は地元のみなさんが大切に守っていらした神社・岩倉神社の参道並木や森、農業用のため池・菖蒲沢ダム、そして徳仙丈山の上部の、三箇所を観察しました。
特徴のちがった場所を見学でき、たいへん有意義な1日となりました。
 
岩倉神社の参道は、立派な杉並木です。周りには立派な森が残されています。直径1m以上あるような立派な木もあります。林の中にあるキノコを目当てに、カゴを持った参加者も。参道の途中に植えられているイチョウの木では、石井さんから、詳しい解説がありました。イチョウは地上の植物の中でもたいへん古い種類なのですよ、と葉っぱを観察しながら説明して下さいます。

ご神体は山中の大岩。たんけん隊の面々は、急な参道を、汗をかきながら参拝。登り切ると立派な拝殿と岩が現れます。

菖蒲沢ダムは、農業用のため池ですが、きれいな公園として整備されており、周りにもいろんな植物がみられます。お昼休憩を挟んで、周りを観察して回りました。水辺に多いお花や水草もあり、鳥も虫も多く、お子さん達も大はしゃぎです。
f:id:shizengaku:20160904185556j:plain

台風10号も近づいてきており、石井さんとお天気を心配していたのですが、みなさまのおかげで日差しをよけるくらいの、青空のまぶしいお天気になりました。
石井さん、海べの森をつくろう会のみなさま、ご参加くださったみなさま、
そしていつも 本当にしっかり協力してくださる山の自然学クラブのメンバーのみなさん、本当にありがとうございます。

・・この行事は、海べの森をつくろう会の生涯学習行事に協力して行っております。
海べの森をつくろう会のみなさんが、観察会終了後に懇親会をして下さいました。鰹、秋刀魚、昆布を使ったお惣菜などたくさんのご馳走を頂いてしまいました!気仙沼に訪問する楽しみがここにも。
f:id:shizengaku:20160904191319j:plainなんだか申し訳ないくらいですが;でも嬉しいです!みなさん、ありがとうございます。

海べの森をつくろう会のみなさん、ご参加下さったみなさん、そして山の自然学クラブのスタッフのみなさん、今回もありがとうございます。
また楽しい行事を企画したいと思います。

富士山の森林復元活動・2016年夏!

活動紹介と報告

2016年夏の富士山森林復元活動

山の自然学クラブでは、富士山の南麓、国有林内で森林復元活動(植林などをはじめとする森林ボランティア活動)を行っていて、年間を通じて現地活動を行っています。
活動内容などについてはホームページをご覧下さい。
富士山南山麓「森林復元活動」(森林ボランティア活動)

2016年8月20日~21日は、富士山・夏の活動です。台風の合間でお天気を心配しておりました。
20日はあまりお天気がよくなく雨が強くなってきてしまったので、屋外での作業は半日にして、午後は早めに研修にさせていただきました。
いつもは夕食後に行うミーティングですが、今回は午後に開催。室内での話し合いも、楽しい時間です。
今回は、地元の高校生も参加して下さいました!
環境に関わる進路への進学を考えているそうで、少しは参考になったかどうか...
期待はずれで、かえってお考えを変えることになっていなければよいのですが;

21日は天気もよく、午前中は植林地での作業を、午後は森の観察会を実施できました。
ススキが多めに残っているところもありますので、みんなで下刈りをしました。ササやツタも見つけて切っていきます。いつもながらみなさん徐々に夢中に;
 

今回、ボランティアスタッフYuiの活動で参加して下さった方がリピーターとして参加して下さいました。みなさんが2014年に植えた木を見つけて、金網の補修なども行います。きちんと育っているものが多いので、将来を期待しましょう!

午後は秋の種子採取の下見を兼ねて、天然林・気持ちのよいブナ林を観察しながら散策。面白い植物なども見つかります。植林地内で見つけたツチアケビ、自然林の森ではヤマシャクヤクが実をつけていました。
 

富士山南麓の森は水が豊かです。川が流れているわけではありませんが、豊富な雲や霧がたくさんの水分を供給し、多様できれいな苔を育んでいます。夏の森の中はひんやりして気持ちのよいものです。

倒木が多く、明るくなっているところは小さな草原状になって、カラマツが生えてきています。アサギマダラが優雅に飛んでいるのをみることができました。

森の中では、リスの食事のあとなども観察できました。
お天気がもってくれてよかった、翌、22日は台風9号が上陸して都内も大荒れの天気に。一日ずれていたらたいへんでした;
みなさんのお心がけのおかげですね! ご参加下さったみなさん、ありがとうございます!

山の自然学クラブでは、また9月、10月と富士山の森林ボランティア活動を行いますので、ぜひご参加下さい。

(下写真:帰り道、足柄サービスエリアにて。富士山は、笠雲をかぶっていました。
 「富士山が笠をかぶれば近いうちに雨」は多くの天気ことわざの中でも高い的中率だといいます。)
f:id:shizengaku:20160825162225j:plainf:id:shizengaku:20160825162234j:plain

十三浜の夏祭り

三陸・北上地域の活動

十三浜夏祭り・2016年

山の自然学クラブでは、相川・小指地区を中心とした石巻市十三浜で、
地域でスギなどの木材を調達し、地域で活用するための建築を作成し、現地で活用して頂く取り組み「十三浜プロジェクト」に取り組んでいます。
東京と十三浜、両方での活動を通じて、学生を含む、地域間の人的交流も大きな活動目的です。
十三浜プロジェクトについてはホームページをご覧下さい。

2016年8月。十三浜で5回目の夏祭りです。
写真は当日の相川の朝、この日はウニ開口の日でもありました。
こんな所でも採っている方が。このあたりでは、ウニは箱めがね+爪のついた竿 で採ります。
f:id:shizengaku:20160809153310j:plain

さて、前日に準備をしておいた会場で、お昼頃からお祭りの開催です。
ここ数年の定番、子ども達の十三浜甚句からお祭りの開始。先生達に引率され、相川子育て支援センターのみなさんが甚句を披露します。
f:id:shizengaku:20160809155145j:plain

そして、相川小学校のみなさんが太鼓を披露。練習の成果が発揮できたでしょうか。
カッコいい太鼓の音が響きました!
f:id:shizengaku:20160809155157j:plain

今年も手製の流しうーめんをやりました!十三浜ワカメを使ったわかめ温麺、みんなでにぎやかにすくい取って食べました。今年は海に向かっての流しうーめんです。
f:id:shizengaku:20160809155608j:plain

十三浜の自治会のみなさん、消防団のみなさん、ご出演のみなさん、会場にいらして下さったみなさん、水守の郷・七ヶ宿の海藤さん始めみなさん、白石のきちみ製麺さん... 今年もたくさんのみなさんが集まり、思いを寄せて、集まって下さって楽しいお祭りとなりました。
今年もご一緒させて頂けて嬉しいです。みなさま、ありがとうございます。
そして、ご一緒頂いた山の自然学クラブの仲間にも。相変わらずのご協力に感謝します。

また現地へ参ります。楽しい時間を過ごしましょう!

茅野市の里山散策と縄文遺跡見学

活動紹介と報告

現地講座「茅野市里山散策と縄文遺跡見学」

20126年5月28日に、現地講座「茅野市里山散策と縄文遺跡見学」を実施しました。

お世話役の池田さんから、自然(里山・市民の森)と歴史・文化(縄文)のコラボ企画が成功したと自負しています!とご報告頂きました。
充実した一日だったようです。

市民の森(吉田山)はきれいに手入れされ、気持ちのよい森です。
f:id:shizengaku:20160608152407j:plain
昼食をとった木漏れ日広場も気もちよさそうです。
f:id:shizengaku:20160608152517j:plain

今回は八ヶ岳周辺に分布する尖石遺跡などの縄文時代の生活環境、風景をその場で感じることが大きな目的の一つです。与助尾根遺跡の復元竪穴住居です。
f:id:shizengaku:20160608152706j:plain

こちらは中ッ原遺跡の「仮面の女神」発掘跡(レプリカ)です。
f:id:shizengaku:20160608152754j:plain

お天気もよく、新緑の美しい中の一日を過ごせたようです。
ご参加のみなさん、ご案内頂いたみなさま、幹事の池田さん、おつかれさまでした!

山の自然学クラブでは、自然や歴史、地形や植物など山や自然を深く感じることのできる現地講座を各地で開催しています。
ぜひご参加下さい。

企画・見学地などの要望も受けつけています。